☆~お知らせ~☆



半蔵門Organo-Clinicと、番町・麹町・目白・さいたまAppleの総合受付電話番号のお知らせを致します。


〓080-8120-5011〓


半蔵門Organo-ClinicとAppleの施術については、リンクからHPをご貴覧頂きご確認くださいませ。


半蔵門Organo-Clinicは癒しをコンセプトに置き、使用するキャリアオイルに拘り、ゆったりとした安らぎを求める方を対象として居ります。


往診型(法令遵守)


Appleは、Organo-Clinic同様オールハンドの施術に、更に、新陳代謝を促進する手技を用い、非日常的な感覚を味わいたい方に適して居ります。


施術室在り(法令遵守)


指定ホテル使用(個人セッション)


尚、Apple個人セッションに於いては、一個人同士のご契約を要します。


この場合のご契約とは、風俗営業とは異なり、SEX以外の一個人同士のplayをする上で、お約束事のご確認をするといった内容になります。


お客様からは、消費税は頂きません。当方の所得に対する納税方法は、所得が一定水準に達した際、贈与税として申告を致します。この場合にも、お客様の芳名は明かしません。何故なら、お客様は偽名で遊ばれる方が多く≒当方は、お客様のご本名を不知であるからでご座居ます。


≪追記≫


当方個人としては、現在、埼玉県川口市に於ける個人セッションにウエートを置き活動して居ります。


西川口に在った老舗SM倶楽部がリニューアルされるのか、或いはご閉店してしまったのか?不確かではありますが、埼玉県の風俗のメッカである西川口が衰退傾向にあり、ピンチはチャンスと捉え、更にまた、西川口の活性化の為にも、皆様のようなマナーの良い乗降客が、一人でも増えたら幸いと考えます。


半蔵門Organo-Clinic並びApple、そして個人セッションにご興味を持たれましたら、【上記電話番号】へ、ご質問・ご予約をお待ちして居ります。


木花之さくや






♂♀怖い〓性感染症〓

                 
                       
                  ...ヤレヤレ~    ~ヤレヤレ...

                            




谷口恭が「日本の性の娯楽施設・産業に係る人々への支援に関する学際的研究」の運営するサイトsexba,jp(せくすばっ)にて「セイフティ・セックス講座」として掲載しているコラムです。sexba,jp=http://www.sexba.jp/
 

お役立ちコラム目次


●日本人はフェラチオ好き (公開:2008年10月-11月)
以前、地元の研究者や保健師らと共に、タイのある地方都市の置屋を訪問しセックスワーカーにインタビューしていたときの話。地方から出稼ぎに来ているという19歳のセックスワーカーは(タイでは地方から地方にセックスワーカーとして出稼ぎにでることが多い)、私が日本人...


●本当に怖いB型肝炎 (公開:2008年11月-12月)
最近はHIVに対する関心が高まってきたようで、私が院長をつとめる太融寺町谷口医院にも毎日のように「HIV感染が心配で・・・」というような方が来院されます。

●増え続ける梅毒 (公開:2009年1月-2月)
梅毒というと「過去の病気」というイメージがないでしょうか。 過去には世界中で大流行し、感染から10年以上の月日を経て精神症状や脳神経症状も発症することのある大変恐ろしい病気でしたが、抗生物質の普及により、今では完全に治る病気になっています。

●性器ヘルペスに悩まないで! (公開:2009年2月-4月)
【症例 Aさん(29歳女性)】
3日前から外陰部にピリピリとした痛みがあります。何かにかぶれたのかなと思って放っておくと、昨日はすごく身体がだるくなり微熱もあるような気がしました...

●淋病の治療が変わります! (公開:2009年4月-5月)
淋病(りんびょう)というのは、ありふれた病気ではあるのですが、ときに治療に困ることがあります。 しかし、新薬の登場で比較的簡単に治る感染症となることが期待できるかもしれません。

●悩ましき尖圭コンジローマ (公開:2009年5月-8月)
この病気ってほんとに精神的にしんどくなりますね・・・
こんなに時間がかかる病気とは知りませんでした・・・
あたしはいつになったら再発の不安から解放されるのでしょうか・・・
これら3つの声は、いずれも尖圭(せんけい)コンジローマに罹患した患者さんのものです。

●いわゆる"雑菌"の病気 (公開:2009年9月)
少し前に次のような患者さん(以下Aさん)が来られました。「先生、あたし、おりものの臭いが気になったんで、また先生にみてもらおうと思ったんですけど、最近忙しくて時間がなかったんで、自宅で検査ができるキットっていうもので検査したんです...


●カンジダをきたす3つの要因 (公開:2009年10月-11月)
性感染症について書物やインターネットを使って調べると、必ず「カンジダ」という文字がでてきます。けれども、「カンジダ」が実際に性感染症である場合というのは、私の印象で言えばごくわずかです。


●毛じらみは自分でみつけましょう! (公開:2009年11月-12月)
陰毛のあたりが痒いんです。毛じらみが心配です...。 このような悩みをお持ちでクリニックを受診される方がおられます。


●子宮頚ガンとHPVワクチン (公開:2009年12月-2010年2月)
それは私がある医療機関で研修を受けていた頃の話・・・。 30代後半の女性(仮にRさんとしておきます)は、子宮頚ガンの末期で、痛みをとったり精神的なケアをしたりする以外には治療がないような状態でした。幸い、ご主人やお姉さんはケアに熱心で、Rさんの精神状態は...

●臭いが気になればトリコモナスかも・・・ (公開:2010年3月-)
おりもの(帯下)の臭いが気になって・・・、という訴えでクリニックを受診する人は少なくありません。そんな人のなかで、トリコモナスに感染している人がときどきいます。今回は、そのトリコモナスについてお話したいのですが、まずは「おりものの臭い」について考えていきましょう。

●危険なアナルセックス~赤痢アメーバ編~ (公開:2010年3月-4月)
アナルセックスというのは、やり方にもよるのですが、腟交渉や口腔性交に比べると性感染症のリスクが上がることが多いと言えます。HIVもC型肝炎ウイルス(HCV)も、コンドームなしのアナルセックスをおこなうとリスクが上がりますし、淋菌やクラミジアが肛門感染すると...

●危険なアナルセックス~A型肝炎編~ (公開:2010年4月-5月)
今回お話するのはA型肝炎ウイルスです。A型肝炎ウイルス(以下HAV)も、アメーバ赤痢と同様、便→口という感染ルートをとります。つまり、相手の肛門を愛撫して病原体が口の中に入ることによって感染、あるいは相手の肛門を指で触り、その指についた病原体が相手の...

●少しずつ注目され始めたHTLV-1 (公開:2010年5月-7月)
HTLV-1というウイルスをご存知でしょうか。このウイルスを持っているのは日本人に多く、母子感染以外にも性感染や血液感染があり、治療法が確立しておらず、ときに致死的な状態になる大変重要な感染症であるのですが、医療従事者以外には意外に知られていないように...


●C型肝炎の検査を受けましょう (公開:2010年7月-9月)
C型肝炎ウイルス(以下HCV)に感染している日本人は少なくて100万人、多ければ200万人以上にもなると言われています。感染経路で最も多いのが、輸血や血液製剤であろうことは間違いないと思われます。

●クラミジアは抗体でなく抗原検査を (公開:2010年9月-10月)
クラミジアという感染症は、性感染症のなかで男女とも最も多いのではないかと思われます。実際、私が医師として性感染症の疑いのある患者さんの検査をおこない、最も見つかることが多いのがクラミジアです。

●エピローグ~そして私が一番言いたかったこと~ (公開:2010年11月)
 早いものでこの連載も2年を超えることとなりました。私は、主にタイのエイズ患者さんやエイズ孤児を支援しているNPO法人GINA(ジーナ)の主催者であり、また医師としては、大阪市北区にある太融寺町谷口医院というクリニックの院長をしている他...




  Dr.性感染症について語る非常に有益なBlogです。

  是非ともご覧になり,ご自分やパートナー,ご家族の為

  性感染症
を未然に防ぐようお心掛けくださいませ。



   2012.03.14    00:33の記事を更新させて頂きました。

 

〓医食同源〓




私たちの細胞は

食べ物により変化し

 食べ物は体にエネルギーを与えます。


 
どのような物を食べるかによって

細胞と体質は変化し

私たちの肉体が構成されます。



日頃からバランスのとれた食事を摂り

病気を予防しましょう!!



食べ物により健康な体がつくられること

これを医食同源と言います。



何かを食べていれば

生き長らえることは出来ますが



私たちの健康な体を構成する

というものに

  拘りを持ち続けたいものですね!!




  by Apple staff



livedoor プロフィール
参加中のBlog
       ☆~Pureness~☆        
記事検索
☆~twitter~☆
☆~メッセージ~☆
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ